MacでのJavaプログラム実行手順

今回は、MacOSでのJavaプログラムの実行手順を紹介します。

(恥ずかしながら最初に実行するとき、なかなか時間かかったので、、)

恥ずかしながら、私がハマったポイントは、、
移動したいディレクトリパスがわかんないため、ディレクトリが移動できない。。TT
でした、、

これは、ドラッグ&ドロップで解決することができました!!
(なんと、UIで解決できるとは、、)

【手順】

1.Javaプログラムを作成
2.ターミナルのカレントディレクトリを確認
3.コンパイルと実行

1.Javaプログラムを作成

ここでは、実際にコードを作成してみます。
今回は、テキストエディターのAtomを例にします。

【参考までに、、】
Atomのダウンロードは、こちらから、、
https://atom.io/

インストールしたいPCでダウンロードしてください。
Atom側が勝手に、OSとVerを判断してくれるので、簡単にインストールできます!

なんでもいいので、テキストエディターで下記のソースプログラムを記載します。

Atomで書くと、こんな感じに色分けしてくれます!
個人的には、使いやすいです!

//コピー用
public class HelloWorld {
public static void main(String args[]) {
System.out.println(“Hello World!!”);
  }
}

プログラムが書けたら、これを保存します。

プログラムの保存先が重要です!
今回は、「書類」-「Java」に、「HelloWorld.java」として保存します。

「書類」フォルダに、「Java」フォルダを作成し、
「HelloWorld.java」として保存。

ここでは、拡張子の「java」を忘れずに付与してください。

2.ターミナルのカレントディレクトリを確認

次に、ターミナルを開いて保存した「HelloWorld.java」を確認します。

まず、ターミナルとFinderを開きます。

ターミナルで、「cd」と入力し、
Finderで「HelloWorld.java」が保存されている階層を開き、
フォルダアイコンをターミナルへ、ドラッグ&ドロップします。

「cd」と入力します。
Finderより、ターミナルへドラッグ&ドロップします。
パスがうまく入力できたら、「ls」と入力し、「HelloWorld.java」が表示されることを確認します。

cd・・・ディレクトリの移動
ls・・・現在いるディレクトリのファイルを確認

※cdとディレクトパスの間には、必ずスペースを入れてください。

ここまでくれば、あとはJavaプログラムを実行するだけです!

3.コンパイルと実行

lsで「HelloWorld.java」を確認できたら、コンパイルから実行してみます。

下記のように表示されれば、成功です!

javacでコンパイルすると、HelloWorld.classが作成されます。
javaでソース内に記載した、「Hello World!!」を表示させます。

//コピー用
//コンパイル
javac HelloWorld.java
//ソース実行
java HelloWorld

javac・・・javaソースをコンパイルし、classを作成
java・・・javaコードを実行

あとは、色々ソースコード書いて実行してみてくださいね!!